介護事業におけるファクタリングの役割とは

subpage1

介護事業では、サービスを利用した人はその料金の全額を支払う必要はありません。

ファクタリングの比較

これは日本においては介護保険制度があるためです。

よってその被保険者であり、然るべき認定を受けた人に関しては、サービス利用時に発生した料金の負担は原則1割と定められています。

そして残りの9割は介護保険によって支払われるわけですが、この仕組みですと、事業者に9割分の収益が入ってくるまでには時間を要することになります。



よって経営状態が苦しい事業者であったり、新規に参入した事業者によっては、その9割分の収益が入ってくるまでの時間を過ごすのも苦しいと言うことも考えられます。そこで大きな役割を果たすのがファクタリングです。



サービスの提供が終了していながら、保険制度によって9割分の料金が支払われていない分は債権と言う扱いになります。

その債権を何割かで買い取ることで、9割の収益が支払われるまでの時間を短縮すると言うのがファクタリングの内容です。


財政の他と直しなどでは金融機関からの融資と言う方法も、代表的なものとしては挙げられます。

ただ融資はあくまでも貸し借りの関係ですから、借りた分に関しては必ず返す必要があります。また利息などが発生することもあり、その利息の支払いで経営が圧迫されると言うことも考えられます。しかしファクタリングは、あくまでも制度上の都合により支払いがまだ実行されていない利益を先取りするようなシステムです。

よって返す必要は発生しませんし、利息も発生しません。
介護事業においてファクタリングは、財政を支える頼もしい役割を果たしていると言うことができます。

ファクタリングの比較の重要知識

subpage2

ファクタリングとは、医療や介護サービスの事業所において利用されることが多い制度です。医療や介護サービスにおいては、利用者はその代金全てを支払う必要はありません。...

more

ファクタリングの比較の知識を増やす!

subpage3

ファクタリングは商取引において売掛金の債権を早く現金化するために金融業者等が売掛債権を買い取り、現金化することで販売した会社のキャッシュフローを改善する効果が有るものとして注目されているものです。多くの場合商取引に於いては商品を納品した後、売買契約に従い期日内に現金を入金する後払いの決済が主流です。...

more

ファクタリングの比較の補足説明

subpage4

近年の日本は、高齢社会ということができます。少子化といった社会現象を伴い、総人口に占める高齢者の割合が大きく増加しています。...

more

ファクタリングの比較の秘密

subpage5

医療機関では通常、健康保険証を使用しての診療が可能となる保険医療機関の指定を受けます。患者が健康保険証を持参し、患者の自己負担を窓口にて受けとりますが、残りについては診療報酬明細書いわゆるレセプトを作成して、国民健康保険団体連合会あるいは社会保険診療報酬支払基金に請求を行っていく流れです。...

more