介護に於けるファクタリングとは何か

subpage1

ファクタリングは商取引において売掛金の債権を早く現金化するために金融業者等が売掛債権を買い取り、現金化することで販売した会社のキャッシュフローを改善する効果が有るものとして注目されているものです。

ファクタリングのランキングに関する情報探しのお役に立つサイトです。

多くの場合商取引に於いては商品を納品した後、売買契約に従い期日内に現金を入金する後払いの決済が主流です。その為、実際の売り上げと現金の入金の時期が異なる為、その間は帳簿上は収入があるが現金がないという状態になるのです。
従来より債権を現金化する手段として手形の裏書という方法が有りますがこの場合債務者が期日までに支払いができない場合、裏書きした側がその手形を買い取らなければならないというルールが有るため、リスクが高いものでした。
ファクタリングは金融業者が売掛債権を買い取るため、万が一債務者が支払いが出来なくても返済の義務が無いため、先取りした現金を返済する必要が無いというメリットがあり広く利用されています。
このファクタリングは医療業界でも診療報酬債権を早期に現金化する方法として普及しています。
診療報酬債権は健康保険が債務者となる為売掛債権よりも信頼性が高く、そのため手数料が少ないというメリットがあります。



この仕組みを介護の業界にも適用し、介護報酬債権を買取り現金化する仕組みが介護に於けるファクタリングです。



介護報酬は診療報酬と同様、介護保険を支払う組合などが債務者となるため信頼性が高く、手数料が少ないというメリットがあります。

その為、キャッシュフローを改善したい施設などに用いられているもので、支払いの多いときなどに効果的に利用することで大きなメリットがあるものです。