ファクタリングが適用される介護保険とは

subpage1

ファクタリングとは、医療や介護サービスの事業所において利用されることが多い制度です。
医療や介護サービスにおいては、利用者はその代金全てを支払う必要はありません。
これは、公的な保険によってその費用の一部が補助されるためです。

窓口で利用者に一部の料金を支払ってもらった後、事業所は保険者に残りの料金分を支払うように申請をします。

その申請後、残りの部分がキャッシュバックされてようやく、事業所はサービスの対価としての収益を得ると言う仕組みです。

ファクタリング会社のおすすめ

この仕組みの場合、収益が完全に確保できるまでに時間を要します。



そのため事業所によっては財政が苦しくなることもあります。
ファクタリングは、申請前の債券、つまりサービス提供は終了しているものの、都合により現金が支払われていないそれをファクタリング業者が買い取ることで、保険者からキャッシュバックされるよりも早く収益を確保すると言う制度です。


ところで日本では、介護保険は公的なものと民間のもののふたつの種類があります。


公的なものは40歳以上の人であれば必ず加入する義務があり、ファクタリングの対象となるのはこちらの保険のみです。

民間の保険の場合、それにより公的な介護サービス対して保険者が保険金を支払い、補助をすると言う仕組みはありません。



これは民間の保険に関しては、保険の内容や保険料が一律でないため、また保険会社の数が多岐にわたるためです。


またこちらの保険の場合、仕組みとしては然るべき状態になった時には、契約に基づいた保険金が支払われと言う内容であり、そのやり取りは被保険者と保険会社が行うため、サービス事業所は立ち入らないと言うのも、ファクタリングが適用されていない理由のひとつです。